ひきニートが小遣い程度のお金を稼ぐにはどうすればいいのか。Shinobiライティングについて調べてみた。

せめて一ヶ月3000円程度の小遣い程度でも稼ぎたい。

気持ちだけは一人前のひきニートです。

 

「ネットで稼ぐ!」的な広告はあるけれど、実際どんなことをすれば稼げるのか。

 

何か怪しい雰囲気のあるものばかりで、手を出すにしてもハードルが高いので

比較的安全っぽい「ライティングサイト」

その中でも知名度の高い「Shinobiライティング」について調べてみました。

 

 

 

 

Shinobiライティングとは

 

Shinobiライティングは、会社やブロガー等が記事代行を申し込み

依頼されたキーワードに沿った記事や、タイトルなどをライター(ここでは自分の事)が書いて投稿する。

 

記事代行を依頼する側は、Shinobiライティングにお金を払う。

 

ライターは内容に応じた"ポイント"を受け取る。

 

そのポイントはAmazonポイントや現金に換金することができる。というもの。

 

 

スポンサーリンク

 

 

依頼内容

 

Shinobiライティングに依頼される案件はキーワードや文字数等が定められていて

基本的に、です。ます。口調で記事が書かなければならず、書いたとしてもその後のチェックで不採用であった場合、報酬を受け取ることができない。

 

他にも絵文字を使ってはいけない引用やコピーをしてはいけない読点を多用しての文字数稼ぎをしてはいけない等の禁止事項がある。

 

案件の種類は大きく分けて4つある。

 

 

解説案件

 

車検等のサービスや、商品の機能を解説するもので

検索して記事を読みに来た人の疑問を解決するような内容になるように書く必要がある。

 

Shinobiライティングには比較的件数の多い案件。

 

 

コラム案件

 

自分の体験した内容を客観的に書く。

 

解説案件が車検のサービスについてなら

コラム案件はその車検のサービスを体験した人の視点から書かれたもの。

 

しかし基本的に、依頼されている内容のほとんどが体験したことのないようなものなので

あくまで体験した人の。で書ける技術がなければならない。

 

自身の体験したものとはいえ

「私は~思う」「だと思った」

のような主観過ぎる文章は不採用になる。

 

 

要約付案件

 

これは上記の案件に、短い要約を付ける必要がある案件。

そのため普通の解説やコラム記事だけの案件よりも報酬が微増する。

 

車検で例えると

「(業者名)の提供するサービスは信頼抜群、満足度〇〇%、24時間365日お電話でお問い合わせが可能です。」

とかになりますかね。

 

 

 

サイトタイトル案件

 

そのままで、サイトのタイトルを考える案件。

これ系はあまり多く出回らない案件っぽいです。

 

他にもキャッチコピーを考える等

超短文での依頼になるため出回る数のわりに人気があるので早い者勝ちになるそうです。

 

しかし書く内容が短く簡単なものなので、報酬は少ない。

 

 

 

実は以前体験したことがあるんです...

 

コレ、簡単そうに見えて結構厳しいです。

 

 

まず、意気揚々とShinobiライティングに登録したところである問題に躓きます。

 

自分が全く興味ない内容の案件しかないんです。

 

しかも案件数が非常に少なく、案件の種類も

どこの誰かわからないが同じようなテーマで若干キーワードを変えたようなものが大量に投下されます。

 

実際にあったのが

「柴犬のドックフードについて」

ミニチュアダックスフンドのドックフードについて」

「(よく分からないマイナーな品種)のドックフードについて」

 

というものや

 

「(カメラの型番)の解説記事」

カメラの型番を変えただけ解説記事依頼が大量に投下。

 

この二種類は誰も手を付けない状態で放置されていました。

 

カメラの解説に関しては辛うじてできるかもしれませんが

ドックフードが犬種(しかも大まかなものでなく細かなもの)によって違うとか業者じゃなきゃ普通知らないって...。

 

検索して情報を探して、その情報を基に記事を書くことはある程度許されているんです。(実際カメラの記事案件の説明文に、そのカメラのAmazonの商品ページのURLが貼られていた)

 

 ですが、ドックフードの件などは情報がまず無い。

あったとしてもそれを基にして書くような情報量ではなく

参考にすればほぼコピー記事になってしまうようなものしかない。

 

しかも自分が以前書いた記事のコピーは禁止されている。

つまり、ドックフードの記事を一つ書き終えると、次のドックフードの記事を書くには書き方を工夫しなければならなくなる。

 

その状況を見て私は登録を解除しました...。

 

 

 

文字を書くのが好き、ライターという仕事に興味がある人にオススメ

 

 まぁそんな活力いっぱいのひきニートがいるのかは分からないですが

ライターという仕事自体に興味が持てなければ少しばかり厳しい作業だとかんじました。

 

いかんせん私は、勢いだけで飛び込んでしまったので即撃沈いたしました。

 

 

 

 終わりに

 

自宅にいながら収入を得ることが出来るShinobiライティングについて紹介してみました。

 

ひきニートの自分には「コレしかない!」と思い登録はしてみたんですがねぇ。結果は...。

 

そのときの失敗で一度撃沈した私ですが「もう一度やってみようかな...」という気持ちにこの記事を書く数十時間前になったんです。

もうコレくらいしか今の自分にできることはないだろうと...。

 

「でも以前失敗してるしなぁ」と思いながらも「いや、以前の失敗でどんな所なのかは心得ているのだからきっと!...きっと...」なんて思いながらShinobiライティングについて検索。

 

 

色々思い出したんです。

1記事大体400pt位なこと、そしてpt数は現金に換算すると÷2であること(400ptなら200円)、銀行への振り込み手数料で2記事分の報酬が飛ぶことそもそもルールの多い文章を書くのが苦手だったのに気づいたこと...

 

そんなことを思い出すと踏み出すことが出来ず...。

とりあえず頭の中を整理しようとこの記事を書いてみた次第です。

 

 もしかしたら今後やるかもしれないし、やらないかもしれない。

もしやったらレポートを書くので、参考にしてみてください。